心はあちらに置いてきたまま

先週は夏休みをいただきまして、北関東というか甲信越地方の高原にある某避暑地にお出かけしていました。

お昼間は東京と比べてもそれほど気温が低いわけではありませんでしたが、朝夕はやっぱり結構涼しかったです。

そんなことよりも、避暑地の道路は「品川」や「横浜」などの県外ナンバーのお車であふれていまして、ここはどこじゃと突っ込みたくなる風景でしたが、まあ私もその風景を作り出している原因の一部になっているわけでして、そんなこと言えた立場じゃありませんね。

こちらに帰ってきてから、コンクリートジャングルの谷間、当事務所のすぐ近くにある公園の木々を眺めていると、先週お邪魔していた避暑地で、車窓から見えていた深い木立の光景をふと思い出してしまいます。

某避暑地の木立

夏もあと少し(のはず)ですので、何とか乗り切ってお仕事を頑張っていきたいと思ってます。。。。

LINEで送る
Pocket