都会の熱風に焼かれて

司法書士ブログ

まだ6月に入ったばかりなのに、ひたすら暑い日が続いております。

元来、暑さに弱い私は早くも夏バテ気味ですが、これからの厳しい夏場を乗り越えるため、なるべくお日様にこんがり焼かれないように、都会の地下から地下へ、メトロなど地下の交通機関や地下道を活用して、しぶとく生き延びていきたいと思っています。

一部では、スーパー・クールビズなる服装を導入している会社や官公庁もあるようですが、チノパン&ポロシャツでお客様の前に出るのは、私はまだまだ抵抗感があるもんですから、もうしばらくは普通のクールビズ(ネクタイなし、ジャケットなし)で行きたいと思います。

以下、引用記事


<天気>3地点で猛暑日、328地点で真夏日を記録
毎日新聞 6月2日(月)

 日本列島は2日、近畿地方から東日本にかけて晴天となり、各地で気温が上昇した。気象庁によると、午後5時までに全国の3観測地点で猛暑日(気温35度以上)、328地点で真夏日(30度以上)を記録した。

 午後5時40分までの各地の最高気温は高い方から、京都府舞鶴市35.3度▽福井県小浜市35.2度▽山梨県甲州市35.1度▽兵庫県豊岡市34.9度▽福井県大野市34.7度▽福井県勝山市34.7度▽福島県会津若松市34.7度▽京都市34.3度などとなっている。東京でも午後5時時点で青梅、八王子、府中市や練馬区など7地点で真夏日を記録した。
(以下省略)

LINEで送る
Pocket