合同会社の設立

Table Of Contents


合同会社とは

合同会社とは平成18年施行の会社法により認められた、有限責任社員1名以上から構成される会社です。

株式会社と同様に、社員はその責任を出資の価額に限定されることから、会社の債務について直接の責任を負いません。
合同会社は、有限責任社員のみで構成されることから、LLC(Limited Liability Company)とも称されます。

合同会社の設立に際して、公証人による定款認証を要しないため、比較的簡易かつ低廉な費用で設立することが可能です。
合同会社の場合、法人も社員になることができます。(株式会社の場合、法人は会社の役員にはなれません。)

合同会社の設立件数は年々増加しています。
(2015年:22,387社、2016年:23,944社、2017年:27,442社、2018年:29,243社)
身近な例として、アップルジャパン、アマゾンジャパン、P&Gマックスファクターも合同会社の形態をとっています。


合同会社の特長


司法書士カレント総合事務所に設立登記をご依頼される場合のポイント


合同会社設立の流れ

1.定款作成

2. 出資金の払込み

3.設立登記の申請


合同会社設立の必要書類(基本的なもの)

司法書士に会社設立をご依頼された場合、
お客様にご用意いただくものは、実はそれほど多くありません。

お客様にご用意いただくもの(社員が個人のケース)

・出資者となる方全員の印鑑証明書      各1通(3か月以内のもの)
・預金通帳の写し              各1通
・会社実印
・会社代表者(代表社員)の個人の実印