書棚整理で感じたことなど

司法書士ブログ

1月もすでに残り2日になりました。あっという間に本年最初の月が終わろうとしています。
私がオッサンになったせいでしょうか、時の経過が早過ぎです。

月末が近づいたためかどうかは分りませんが、朝から業務に関するいろいろなお問い合わせのお電話をいただいております。
皆さまありがとうございます。

日々いただいたお問い合わせの全てが、お仕事につながるわけではありませんが、その時にいただいたご質問の一つ一つに対して、司法書士としてお答えさせていただいております。

そういえば、個別案件の書類ファイルを保管しているラックの中が狭くなってきたため少し整理をしたところ、過去にお問い合わせをいただいて、その後、進展が無いまま放置状態のファイルが多数あります。

おそらく案件として具体化することはもうないだろうな、と思いつつも、踏ん切りがつかないまま廃棄できずに残っている書類たちです。

放っておいても仕方が無いので、処分しても差し障りがないようなものや、古いものから徐々に見切りをつけたいと思います。

話は変わりますが、クライアントの皆様から司法書士報酬の支払調書がちらほらと送られてくる時期になりました。

この小さな紙片を目にするようになると、ああ確定申告の季節だなあと、否が応でも思い出すことになります。

まめに会計ソフトに入力さえしていれば、とりあえず年間の集計はあっという間にパソコンが表示してくれますが、何度やっても申告書自体の作成は面倒くさいですね。とくに各種の控除の入力が。

イータックスで電子申告しましょうと国税庁は謳っていますが、申告書の作成にかかる手間はあまり変わらないように感じます。あくまでも私の体感ですが。

なんだか、またもや取り留めのない文章になりましたが、直近の雑感です。

さて明日も、お仕事、お仕事。

当事務所がある建物の入り口

(本文とはあまり関係ないですが、当事務所が入居する建物の入り口)

RELATED

LINEで送る