新築一戸建てを探すときの不動産会社選びのコツ

一戸建ての屋根

どうもこんにちは諌山(いさやま)です。

今回は、新築一戸建てを探すとき、不動産仲介会社をどう選ぶかそのコツについて述べていきたいと思います。

ちなみに、私(いさやま)は以前、不動産仲介会社で営業社員をやってました。売っていた物件は新築一戸建てです。

新築一戸建ての購入を目指して物件探しをするとき、どのような不動産会社に頼めばいいのか解説します。不動産情報が業界内にどのように流れているのかその裏側も解説。

対象となる方

新築の一戸建てを探そうと思っているけど、どうやって探せばいいのか、どのような不動産会社が良いのか、そのようなお悩みに答えます。

記事のポイントは以下のとおりです。

以上のポイントついて個別に解説していきたいと思います。

新築の一戸建ての販売を専門にしている不動産仲介会社がある

新築一戸建てを建築して販売する建売会社(たてうりがいしゃ)の中には、建築はするけど、自社では販売をしない会社があります。

そのような建売会社は、不動産仲介会社に販売を依頼するケースが結構あります。

そして、中古のマンションや中古の一戸建てはほとんど取り扱うことなく、新築一戸建ての販売に専門特化して営業をしている不動産仲介会社があります。

その理由ですが、中古物件はテレビ宣伝している大手の不動産仲介会社(三井のリハウス、東急リバブルのような)に売却を依頼する人が多く、そちらにどうしても中古物件が流れてしまうためです。

テレビ宣伝をしている大手の不動産仲介会社は中古物件に強みがある

テレビ宣伝をしているような大手の不動産仲介会社は、子供でもその会社名を知っています。ネームバリューがあることから、不動産を売りたい人からの売却の依頼が多いことは前に述べたとおりです。

そうなりますと大手の会社は、必然的に中古のマンションや中古の一戸建てを取り扱う数量が多くなります。

大手の会社は、お客さんから直接、中古物件の売却を依頼されていることから、どうしても預かったその中古物件の販売に時間と費用を使うことになります。

したがって中古物件をお探しになる方は、まず大手の不動産仲介会社にお問い合わせするのが割とおすすめです。(もちろんの新築一戸建ての紹介をお願いする事はできますよ。)

スーモ・アットホームで新築一戸建てを広告に出している会社はほぼ新築専門

いまどき、自宅を買いたいと思いましたら、インターネットで不動産物件を探し始める人が多いと思います。

お持ちのパソコンやスマートフォンから、スーモ(SUUMO)・アットホーム(at home)のような不動産情報サイトで、エリア・予算・間取りなどの検索条件を入力します。

そして、検索結果として画面に出てきたおすすめ物件を掲載している不動産会社に問い合わせする方法が一般的だと思います。

これまでの項目で述べたとおり、大手の不動産会社はお客さんから売却の依頼を受けた中古物件の売却にどうしても力を入れることから、スーモやアットホームのような主要な不動産情報サイトに載せるための広告費も、手持ちの中古物件にかたよってきます。

新築一戸建て専門の不動産仲介会社は、当然ながら新築一戸建ての販売に力を入れていますので、新築の掲載数も多くなります。

同一エリアの同じような面積の不動産物件でしたら、中古より新築の方が一般的には売買金額が高くなるのが通常です。

売買金額が高くなると、その金額に応じて不動産仲介会社がお客様からいただく仲介手数料も高くなります。

そのようなわけで、新築一戸建て専門の不動産仲介会社は、高単価の新築物件を販売して高い仲介手数料を得るために、かなりの広告費をかけて不動産情報サイトやチラシといった方法で広告を出しているのです。

探しているエリアの不動産会社が一番情報量が多いとは限らない

不動産仲介会社の所在地が、不動産を探しているいるエリア内(同じ市区町村)にあるからと言って、提供してもらえる物件情報の質が高かったり量が多くなるとは限りません。

不動産仲介会社や所属する営業社員が、日常的に物件情報の収集をがんばっているか、あるいは、問い合わせをしてきたお客様の要望を受けて、適切な情報をお届けする情熱を持っているか、そういった部分もお客様への接客品質に影響してきます。

熱心に相談に応じてくれる不動産会社であれば、探しているエリアの隣町の不動産会社でも全然問題はないと思います。

だからと言って、不動産を探しているエリアからあまりにも遠く離れた地域にある不動産会社はどうかといえば、今後のお付き合いを考えると大変になるので考えもですが。

どこの不動産会社でも同じ物件を紹介されるのはなぜ

今回の記事のもうひとつのキモかもしれませんが、複数の不動産仲介会社にお問い合わせしたときに、それぞれの会社から同じ物件を紹介されることがある、というものです。

どうしてこうなるのでしょうか?

それは不動産情報の流れが以下のようになっているからです。

レインズと物件情報の流れ図

建売会社が建築する新築一戸建ての物件情報は、レインズ(REINS)という不動産流通情報を交換できるシステムを通して不動産会社に提供されます。

レインズ(REINS)とは?

簡単に言いますと、不動産会社だけが利用できる不動産情報のコンピュータネットワークシステムです。

建売会社や不動産会社が、新築・中古物件の販売情報をこのネットワークシステムに登録すると、他の不動産会社はレインズのサイトで登録された物件情報を見ることができます。なお、レインズは業者専用ですので、一般の方は利用できないです。

だから同じ物件情報が出てくる

このような事情から、レインズを通して得ることができた物件情報は、どの不動産会社が取得しても同じ物件情報です。

それで、同じ物件の情報が異なる不動産会社からそれぞれ提供されるようなことが起きるのです。

しかし結局は不動産仲介会社の質による

というわけで、極論すればどこの不動産仲介会社でも構わないと言うことになりますが、不動産会社によってお客様への対応に差は出てきます。

紹介される物件が少なくて物足りない・・・・
接客態度を見ていると不安を感じる・・・・

営業社員からそのように感じる方は、ほかの不動産仲介会社にも問い合わせてみるのも良いと思います。

直売をする建売会社もある

都市部から離れた郊外に多いケースですが、建売会社が不動産仲介会社を通さずに直接お客様に販売する場合もあります。

そのような物件は、不動産情報サイトの物件情報や、郵便受けに投函されたチラシを見ると、ほぼ必ずと言っていいほど「売主直売」と書いてありますので、そのような物件は不動産仲介会社からご紹介される事は通常ありません。

新築マンションはほとんど仲介されない

なお、新築マンションについて少し述べますと、マンションごとに販売会社が固定していますので、不動産仲介会社がご紹介できるケースはほとんどありません。

新築マンションをお探しの方は、素直にそのマンションを販売している会社にお問い合わせしましょう。

例:私が自宅を購入した時はどうだったのか?

私のケースをちょっとだけご紹介します。

2015年頃になりますが、自宅を買いたいと思って家を探しはじめました。床面積の広さを考えて新築の一戸建てを探すことにしました。

スーモ(SUUMO)のホームページをとおして、不動産仲介会社2社に問い合わせをしたところ、もちろん分かってはいますが、それぞれの仲介会社から同じ物件を紹介されることが多発しました。

ですが面白いと感じたのは、こちらの希望する条件を伝えて、同一エリアの物件のご紹介であるにもかかわらず、それぞれの会社で紹介された物件は必ずしも全部一致しているわけではないことです。

不動産仲介会社や営業社員のカラーによって、提案していただける物件情報はだいぶん異なってきますので、一社だけではなく他社からも物件情報を取り寄せてみるのも良いかもしれません。

未公開物件というものについて

これは、たまにあるお話です。

「ある不動産仲介会社から未公開物件ですよ、と言われて紹介された不動産物件があるけど、あれは何でしょうか?そういえば、よその不動産屋さんからこの物件は紹介されていないなあ・・・。」

未公開物件あるいは早耳情報が出てくる理由としては、だいたい二つあります。

一つは、その不動産会社が建物を建てるための建築部門も別に持っていて、そこから優先的に販売を任されている場合です。

あるいは、レインズなどで不動産物件情報を流す前に、地獄耳というか早耳でその販売を察知した不動産会社が、一歩先に物件の情報を手に入れてお客様にご紹介しているケースもあるのです。

まとめ

最後に一点だけアドバイスです

最後に一点、アドバイスになります。

不動産を無事購入した後、あるいは、なんらかの事情でいったん不動産を探すことをやめた後も、問い合わせたことがある不動産会社からまた電話がかかってきて、不動産探しの状況などを聞かれるケースがあります。

これは、過去に問い合わせがあったけど、契約までできなかったお客様の中には、不動産探しをもう一度始める方がいるかもしれませんので、その掘り起こしのための営業活動です。

もし不動産探しを再開する予定がなければ、普通にお断りすれば問題なしです。

ありがとうございました

というわけで今回は、新築一戸建てを探すときの不動産会社選びのコツ、というテーマでした。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

RELATED

LINEで送る
Pocket